よくお金を借りる人の特徴的な言い方

よくお金を借りている人は、だんだん借金そのものへの罪悪感や恥ずかしさといった感情が薄れていきます。借金の申し入れも慣れているので、お金を借りたことが少ない人に比べて、お金を借りる時の言い方にも特徴が出るようになるのです。お金を借りる人の言動を注意深く観察していると、その人が借金を良くしているかどうかがうすうすわかるようになります。
まず多いのが、「少しだけでいいから貸してほしい、すぐ返すから」という言い方です。この言い方だと返済する意思があると相手にアピールできますし、少額だけなら本当はよくないけれど貸してあげてもいいかなと思わせるからです。本当はもっとお金を借りる必要があるものの、その金額を言うと相手から呆れられ、説教されることがわかっているので、あえて少額で攻めるという戦略です。
交際相手にお金を借りる時によく使われるのが、「生活費だけでも貸してほしい」という言い方です。ギャンブルや浪費などで生活費まで使い切ってしまい、食事や水道代、光熱費がなくなって生活ができないのでどうにかしてほしいと泣きつくパターンです。借金をした理由を伝えるとだらしないイメージが強まるので、自分が困っていることを前面に出して情に訴える作戦です。この場合もそこまで多額の借金ではないですし、彼氏や彼女が泣きつくなら仕方ないとずるずるとお金を渡してしまう人もいますが、それでは相手の為にもなりませんし、借金癖を治すためにも断ることも勇気です。
参考